リトルグローブの邦画研究所

リトルグローブが日本の映画を紹介します。 邦画が凄いっていうのを証明させます!

2011.07.09(Sat)

“郵便”の温もりが心に火をともす

株式会社リトルグローブです!

本日もおすすめの邦画を紹介していきますよ

今日のおススメは…


ポストマン






あらすじ

郵便局員の龍兵(長嶋一茂)は2年前に妻(大塚寧々)に先立たれ、中学生の娘あゆみ(北乃きい)と、小学生の息子鉄兵(小川光樹)と暮らしていた。今でも頑固に自転車での配達にこだわる彼は、日々真面目に仕事をこなし、街の人々から信頼されていた。ある日、あゆみが父に高校では寮生活をしたいと申し出るがその願いが却下され、彼女は不満を募らせる。


“手紙”が運ぶ人と人の温かい交流を描いた心温まる感動作。
実直な郵便局員が起こす小さな奇跡を、風光明美な港町の自然の美しさとともに描写してあります。

千葉県の房総半島を舞台に繰り広げられる郵便屋さん一家の物語。
物語の起点とも言える灯台は千葉県いすみ市の太東崎灯台とのこと。
青い太平洋、緑の木々、そして白い灯台、まさに風光明媚といったところ。
ロケ地も郊外都市ならではの佇まいがあっていい感じでした。


そういえば手紙って久しく書いたことがないなぁ。
電話やメールだけでは伝えきれない気持ちって確かにあるのかもしれない。


郵便やさん とはまたすごいとこに目をつけて映画作ったな〜!!と思ったけど、 日本人として日本に生まれてきた事をうれしく思えました。
日本はやはりこういう映画がいいと思います。


株式会社リトルグローブ
は予測に反し何度か涙してしまいました。



味気ない現代の暮らしにもたらされる“郵便”の温もりが心に火をともす。


  1. 2011/07/09(土) 16:44:27|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:1

プロフィール

株式会社リトルグローブ

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約