リトルグローブの邦画研究所

リトルグローブが日本の映画を紹介します。 邦画が凄いっていうのを証明させます!

2011.01.05(Wed)

株式会社リトルグローブと一緒にボートやりまっしょい!

はじめまして。株式会社リトルグローブです。
邦画が好きで、いっぱい話していきたいと思っています。

今日、株式会社リトルグローブが紹介するのは、がんばっていきまっしょいです。

『がんばっていきまっしょい』は、敷村良子による小説、およびそれを原作とした映画・テレビドラマである。
愛媛・松山の高校を舞台に、ボート部の活動に打ち込む5人の女子高校生たちの姿を描いた物語。

タイトルの「がんばっていきまっしょい」は、敷村の母校である愛媛県立松山東高等学校で1960年代前半ごろから使われている「気合入れ」の掛け声で、入学式や体育の授業前のランニング時に実際に使用されている。ラグビー部顧問だった教諭が、学校に一体感を作るべく考え出した掛け声だという。

あらすじ・解説:
舞台は、1976年の四国・松山。美しく穏やかな海に囲まれたこの町に生まれ育った悦子は、成績優秀で要領のいい姉に比べ、不器用で勉強も苦手。新しく始まる高校生活を目前にしても、心底打ち込めるものが見つけられずにいた。始業式当日から、幼なじみであり天敵の関野ブーにはにはいやみを言われ、入ろうと思ったボート部には女子チームはないと門前払いされてしまう。しかし、悦子は、「ないんじゃったら作ったらええんか。」とメンバーをかき集める。ダッコ、ヒメ、リー、イモッチの4人。悦子を含め全員が運動部未経験でボートを海まで運ぶことさえおぼつかない。当然の如く、試合にでても勝利とはほど遠い。そんな彼女たちの前に、元日本選手権メンバーという経歴だけは立派だがやる気の全くないコーチ・晶子が現れる……。

  1. 2011/01/05(水) 13:14:19|
  2. 映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム | 株式会社リトルグローブ発、ホノルル行きのフライト。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hagurosouiti2129.dtiblog.com/tb.php/1-b243f416

プロフィール

株式会社リトルグローブ

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約