リトルグローブの邦画研究所

リトルグローブが日本の映画を紹介します。 邦画が凄いっていうのを証明させます!

2011.04.12(Tue)

株式会社リトルグローブが日本映画の懇親の作品をご紹介します

こんにちは!
株式会社リトルグローブです。

みなさん車のタイヤ変えました??
株式会社リトルグローブはまだ変えていません;
もう4月なんで、早めに変えないとなぁ〜

今日は、初春にしては少し時期はずれかもしれませんが、南極物語という映画をご紹介しますね!


南極物語 解説

有名なタロ・ジロの実話を基に、南極の厳しい環境の中、15匹のカラフト犬の生への奮闘と南極観測隊員たちの姿をスケール感たっぷりに描く。
出演は高倉健、渡瀬恒彦、夏目雅子。昭和33年2月、南極昭和基地での越冬隊の活動は、例年にない悪天候のため中止になり、犬係の潮田と越智の必死の要請も虚しく、越冬隊と行動を共にした15匹のカラフト犬は極寒の地に置き去りとなってしまう……。

犬達の迫真の演技がすごかったですね。
多少「これは演技じゃないだろ」と思う可哀想な部分もありましたが。

しかし主人達を助けるために基地に助けを求めに行ったり生きるために餌を取る術を覚えたり、この映画に限らず盲導犬や警察犬や介助犬等を見てると犬は本当に頭が良い動物なんだと再認識させられました。

なんか古い作品ですけど、日本映画界の黄金期ってスケールも感じます。
心暖まる作品でした。

何よりも印象的なのはヴァンゲリスの音楽。
南極の壮大なイメージとぴったりでいつ聴いても素晴らしい。


涙なくして観れない作品ですが、色々と考えさせられる良い作品だと思います。

是非ご観賞下さい!
  1. 2011/04/12(火) 14:21:54|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<株式会社リトルグローブの邦画について | ホーム | 株式会社リトルグローブはなんだか懐かしい気持ちになりました。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hagurosouiti2129.dtiblog.com/tb.php/25-e2e8411c

プロフィール

株式会社リトルグローブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約