リトルグローブの邦画研究所

リトルグローブが日本の映画を紹介します。 邦画が凄いっていうのを証明させます!

2011.06.29(Wed)

人間らしさ、について考えさせられる作品

こんにちは、株式会社リトルグローブです。

今日もおすすめ邦画紹介しちゃいます


深呼吸の必要



ストーリー

沖縄のとある離島。さとうきびの収穫を手伝う“きび刈り隊“に応募した若者5人がやって来る。それぞれ言いたくない事情を抱えた彼らは、お互いに心を開こうとしない。だが、雇い主の老夫婦の優しさに触れ、な労働に明け暮れるうち、次第に連帯感が生まれていく。



沖縄でさとうきび収穫時に雇われる“きび刈り隊“。
35日間できび7万本を刈り取らねばならない重労働。
このアルバイトに応募してきた若い男女が、過酷な共同作業を通して、連帯感や達成感を感じ、人生の再スタートをきるまでを描く青春群像劇。

まるでとうきび狩りのアルバイトのドキュメンタリーでもあるかのように、丁寧に日々の出来事を描かれています。

「同じ釜の飯を食べる」と仲間意識が強くなるというのは本当だな、と思いました。

登場人物それぞれに事情があるけれど、その多くが語られ過ぎないところが良かったです。
穏やかで落ち着いている雰囲気も。
終始温かい目で若者たちを見守るおじいとおばあ。
「なんくるないさ」など沖縄の言葉ってとても優しい感じで好き。
宮古島の景色とさとうきび畑の風景は素晴らしく絵になっていました。


優しいおっじいとおっばぁ。そして昼は思いっきり体を使って働き、おいしいご飯をいっぱい食べて、夜は爆睡。
この人間らしい環境で都会で傷付き疲れ果てた若者達が次第に人間らしい元気さを取り戻していく。

こういう生き方が、一番人間らしく、心身共に健康で元気でいられるのかなって思いました。


株式会社リトルグローブ
も、学生時代にこんなバイトしてみたかったな
  1. 2011/06/29(水) 16:25:36|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<株式会社リトルグローブの10年越しの愛の物語 | ホーム | 愛しきダメ親子が繰り広げるドタバタ喫茶店物語>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hagurosouiti2129.dtiblog.com/tb.php/39-6d97f31c

プロフィール

株式会社リトルグローブ

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約