リトルグローブの邦画研究所

リトルグローブが日本の映画を紹介します。 邦画が凄いっていうのを証明させます!

2011.07.06(Wed)

非常に深い青春映画!

株式会社リトルグローブです。

邦画の魅力をあますとこなくご紹介していきます

今日のおススメは…


ラブファイト






北乃きいが演じるのは、ケンガがめっぽう強い女の子「亜紀」。
そして、亜紀に助けてもらってばかりの男の子「稔」を演じるのは林遣都。
稔は子供のころから、容姿端麗で成績優秀、そしてケンガが強い亜紀に助けられてきた。
そんな稔が、何を思ったのは一念発起してボクシングを習い始めることに。
もちろん亜紀には内緒で。

様々な思いと出来事が交じり合うガチンコ青春映画!


ラブファイトは、青春映画ではありますが、さらに深いテーマがあるということ。
普通の高校生男女が殴り合うストーリーには、コミュニケーションが苦手な人たちが困難を乗り越え、本気でぶつかり合う。


メールでつながっていないと不安。
ミクシーのコミュニティーで嫌われたくない。
実は今の若者は孤独なのではないか?
ラブファイトは案外、深いテーマを感じることができる映画なのかもしれないと株式会社リトルグローブは思いました。

ボクシングと若者の青春、葛藤を題材にした映画は今まであったのだろうか。
心が揺さぶられる映画になっているようです。


そして、株式会社リトルグローブなりに感じるラブファイトのみどころは、大沢たかおがプロデュースしているということ。
プロデューサーとして、若者の意見を直に聞いて作品に落としていったということ。
もちろん俳優としても登場。
若者とは対照的に「大人」の役割を演じ、北乃きいと林遣都の若さを引き出しています。



  1. 2011/07/06(水) 16:42:44|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<愛しきダメ親子が繰り広げるドタバタ喫茶店物語 | ホーム | “郵便”の温もりが心に火をともす>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hagurosouiti2129.dtiblog.com/tb.php/41-b47814bd

プロフィール

株式会社リトルグローブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約