リトルグローブの邦画研究所

リトルグローブが日本の映画を紹介します。 邦画が凄いっていうのを証明させます!

2011.07.28(Thu)

国分太一が落語家に!

こんにちは、株式会社リトルグローブです!

今日もおすすめの邦画をアップしていきます

今日のおススメは…


しゃべれども しゃべれども




1997年度“「本の雑誌」ベスト10”の第1位に輝いた佐藤多佳子の長編小説を 2007年に映画化。
監督は『愛を乞うひと』で日本アカデミー賞を受賞した平山秀幸。


あらすじ

思うように腕が上がらず、壁にぶち当たって悩む二つ目の落語家・今昔亭三つ葉(国分太一)。そんな彼の教室に、無愛想で口下手な美女・十河五月(香里奈)、大阪から引っ越してきたものの、勝ち気なためにクラスに馴染めない小学生・村林優(森永悠希)、毒舌でいかつい面相の元野球選手・湯河原太一(松重豊)が通い始める。


主演は国分太一、共演が香里奈。
主演の二人も良かったけれど、株式会社リトルグローブ的には大阪弁の少年・森永悠希と、元野球選手・松重豊、二人のキャラに魅了されました‥。

それぞれの抱える問題が少しずつ解決への方向へと向かう過程を日常描写をうまく織り交ぜながら進行していくのですが、カメラワークや音楽がストーリーに程よくマッチし、優しく包み込んでいく感じです。


この映画は、落語がテーマの作品。
最初は落語に興味のなかった三人も、お互いを知り、落語に触れるうちに真剣になっていく。三人三様のハートウォーミングな物語が用意されています。

現実には、「好きこそものの上手なれ」には限界があるもの。
しかし、結果が付いてこなくても、好きなものくらい真剣に取り組まないとすべてがだめになってしまう、そんな人生の歩き方見たいなことをやさしく諭してくれる作品でした。

好きであるには理由が要らない。
好きだから続けていることが、いつしか大きな成果を生むこともある。生まないことももちろんある。
でも、いいじゃない、所詮好きではじめたんだから

そんな風に思えました。実にいい映画です!
  1. 2011/07/28(木) 12:53:51|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<三角関係をリアルに描いたコメディー | ホーム | 純愛スローラブストーリー>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hagurosouiti2129.dtiblog.com/tb.php/45-60efbdb7

プロフィール

株式会社リトルグローブ

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約